先方が離婚するかどうかで変わってくる

興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、どんな目的でどのような調査をしてほしいかはっきり伝えることは欠かせません。
パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などは、はっきりさせておかなければなりません。何を目標にするかによって探偵の調査内容に違いが出てくるわけですから、大事なことです。
探偵も企業である以上、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。

同じ調査でも調査員の業務内容により、料金は異なります。

尾行調査だって、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで費用は変わりますが、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、費用も多く見込まなければいけません。
探偵の場合には、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながら地味にコツコツと調査していきますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、先に自分の所属を明かして表立った調査をしているようです。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると言っていいでしょう。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くこと事体、ありえないことではありません。

気になるのがその金額ですが、先方が離婚するかどうかで変わってくるものです。その時点で離婚していないのに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するほうが良いでしょう。

通常の金銭感覚からすれば、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、安いとは言えません。

とはいえ、価格重視で選んでも肝心の不倫の裏付けができなければ、お金の無駄どころではありません。
理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、料金が高いほど、必ずしも調査能力が高いわけではないのが一概に決めかねるところがあります。夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は用心したほうがいいです。
安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っていることがありますからね。

これから依頼するのであれば、信頼に値する業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。

探偵社に不倫調査を依頼する際、簡単に個人情報を開示するのはイヤという人も少なくないでしょう。依頼に先立っての相談段階では個人情報はなくても大丈夫な会社も増えていますから安心してください。でも、仕事として発注する場合はどのような会社でも契約が必要です。

全てとは言いませんが個人の情報を開示することは不可避です。初めて探偵社に相談するときは、勇気が要るものです。個人情報を伝えるのが嫌でしたら、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる会社もあるので、最初に匿名で話をさせてもらい、信用のおける業者であることがわかってきたら、本名で詳細を相談するといいでしょう。
浮気を調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、詳細なプランや金額が設定されており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が良いかと考えます。そして、業者として届け出をしっかり行っているのか確認が必要です。

違法に調査を実施している業者へは委託しない方がよいでしょう。不倫する人というのは明るそうに見えても、ウツの症状を持っている場合が多いです。
考えられることは、恒常的なストレスがあげられます。

既婚者同士の不倫や、どちらかが結婚している場合、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情をかかえこみやすくなり、やがてウツの症状が固定化されてしまうのです。それに、取り残された配偶者も情緒不安定や不眠などの症状が見られます。
成功報酬の難しいところは、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査は成功したということになってしまいます。
実際に浮気があったとしても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、浮気調査は終了してしまい、成功報酬としての料金を請求されます。良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、地域性を尊重するのは良いことです。

たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵に限定すれば探偵の数も絞れます。

地元に精通していれば、それだけ深い調査ができ、報告書の内容がより克明になります。
それに依頼する内容や諸条件によって不得意なこともありますし、逆もまたあります。オフィシャルサイトやそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。

浮気の確固たる証拠を提示できない場合、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦戦を強いられるでしょう。
どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定するケースも充分にありえるからです。

そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。

誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのを回避するには、信頼できる調査結果を入手しておくことは大事です。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは簡単なことではありません。ただ、証拠というのは重要です。

もしあれば、離婚してもしなくても、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。ですから、不倫をしているなと思ったら、ちょっと頑張って探偵を頼んでみてください。

調査費用はかかりますが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。
尾行料金の相場はと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。
言うまでもありませんが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。
また、尾行の時に車やバイクで移動すると、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認するべきでしょう。

不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで浮気をやめさせることに成功しても、再々繰り返す場合があります。退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、また浮気をしている事実が発覚するのです。その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が不可欠です。昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事は変わりがありません。

離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、確実に浮気した(している)証明というのが不可欠です。もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。

離婚だけでなく慰謝料を要求するときだってきっと役に立つはずです。

GPS装置を用い、良く行く場所を調べて、良く見える場所で観察し続けると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、現場を押さえられると考えられます。あまり予算が無い場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、やってみて損はないと思われます。その機械を付けている事がバレてしまい、追及される種になることもあります。
探偵社には調査報告書というものがありますが、公的な書類のように書式や記載事項が決められているものではありません。
しかし、調停離婚や訴訟の場で使う際は、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、要点を踏まえた質の高い報告書であることが大前提となります。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、依頼する業者を選別する必要があるでしょう。

普通、離婚となると、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子供の親権がとりにくいと思われているようです。ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。裁判上の親権の判定では、日常生活を共に送れているかやどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかなどを重くみる傾向があります。

つまり、子供の生育に適した環境かが優先されると考えて良いでしょう。いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。

選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。
少し手間でもネットを使えば、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを知ることができるでしょう。
都内在住なら自分の住んでいる区内から総合評価が良い事業者を選び、依頼すれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、結果として成功した調査でないと料金が発生しないという懸念があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。
そのようなこともありますので、成功報酬だからということで、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、はっきりとした料金システムの探偵事務所に依頼することが重要なのです。

例え、配偶者が浮気している場合でも離婚を避けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはしないほうがいいでしょう。浮気の事実を突き止められると相手が逆ギレしてしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともあります。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。調査料金を探偵に支払うときは現金でないといけないということはないです。いくつかの大手探偵社の場合、支払いはクレジットカードでもOKです。

明細書に記載される表示に配慮している業者も少なくないですから、興信所や探偵を利用したことがばれるおそれがないのが嬉しいですね。

クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、双方には明らかな相違点がありますから、ご注意ください。個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、興信所や探偵社のほうは、探偵業法の規定通りに、公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。管轄官庁による管理が必要なほど専門的な仕事をこなすのが探偵社です。
もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、興信所や探偵にいきなり調査をお願いするより、料金の発生しない無料相談を活用するのがいいでしょう。裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、信頼できるかどうかもわからない会社に調査を頼むなんていうのは、不安になるなというほうが無理でしょう。
そうした心配を解消するために、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。
不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は低くなるのです。

また、不倫の相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には必要なのは証拠です。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が必要です。パートナーに浮気され裏切られた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。
経験値の高いプロに相談することで、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。

浮気によって離婚しても異性に距離を置くようになったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいることも多いようです。

もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。
資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、浮気調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、慣熟したスキルというものが必要です。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところではマニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもあるそうですし、格安というところは注意したほうが良いでしょう。支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員が調査することがお金も時間も無駄にしないコツです。

最近の探偵業者は、無料で相談に応じてくれる場合が増えてきました。
贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは時間をとってでも利用しておきたいですね。

よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極めるのにはうってつけだと思います。
先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、頭の中でもやもやしていた問題を整理することもできます。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り