不倫行為の代償

当事者としては悪気はなくても、不倫行為の代償というのは安くは済まないでしょう。

パートナーがどういう態度をとってくるかによっても違いますよね。ただ、家庭が滅茶苦茶になったり、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら高い賠償を払って今後の生活を送ることになります。

興信所の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、フイルムや現像料などをいいますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるみたいです。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用が算出されます。短時間で調査を完了すると支払いも安くすみます。

複数の興信所業者が存在する以上、競争というものが発生します。その中で、破格値で調査してくれるところとか、浮気調査なら一律いくらなどと謳う業者もよく見かけるようになりました。
そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあるので、正式に契約してしまう前に納得できるまで説明を聞き、あとで後悔することがないよう注意しましょう。

興信所に浮気の調査を要請して、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。心から信用のできない人間と一生を共にするのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。
興信所社の評価を確かめもせず契約してしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。
事務所に相談に行った際、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は用心してかかるべきです。
断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは、悪質な業者だと思ったほうが良いでしょう。しっかりした興信所社なら、リサーチ人が不快に思うような行動はとらないですからね。

同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。

しかも、事実が判明したところで、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように仕事を辞めさせることは難しいといわざるを得ません。けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるというところに抵触すれば解雇もないわけではありません。
現実的には口頭注意ぐらいで、それ以上の処分にはならずに済んでしまうことのほうが多いでしょう。興信所や興信所は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。ネットを活用すれば、そこを利用した人のクチコミ評価などがわかるでしょう。
自分が住んでいる近くで評判の良い会社を選び、話をすれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。

離婚すると、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。
倫理的に言うとそうかもしれません。
ただ、裁判所は違う考え方をします。
裁判上の親権の判定では、生活を共にしているかどうかや育児への関与などを重くみる傾向があります。つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかを最も重要なことと考えているようです。
興信所に不倫の追跡調査をリサーチした際、追加で料金が必要になることもあるようです。
ただ、契約時に交わした書類には、別料金を含む料金の算定方法が記載されています。
ですから、それをチェックしておくべきでしょう。よくわからないことがあれば、契約書にサインする前にしっかり確認するのも重要ではないでしょうか。

私も会社に所属する興信所として長年やってきましたが、一番多いのは浮気の調査ですね。
もちろん、その証拠を集めるにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も必要です。
想定外のことがたくさん起きますし、それを速やかに対処する判断力も大事です。なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、リサーチ人を推定しやすいということからも、最大限の用心をしつつ調査につくのが大事です。
信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。

だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。それは、個々の道徳意識によって異なると思います。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気と言う人も、いないわけではないです。
ちなみに法律の上では、肉体関係があれば「不貞」となります。
まあ、結婚生活に波風を立てないためには、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは慎むにこしたことはありません。
浮気されたことによって心に傷を負った人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。
プロのアドバイスを受けつつ、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。

信頼していた相手に裏切られたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、将来に対して消極的に考えてしまうことも多いようです。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。
興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫の有無を調べる追跡調査です。
とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをご説明しましょう。一番多い手法としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、ターゲットの尾行をします。
相手が警戒していることもありますから、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、証拠を入手します。興信所が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者から、慰謝料を求める内容証明郵便が届く可能性はあります。
慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、向こうが離婚したかどうかで差があります。

仮に離婚せずに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしてください。
本人が知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠にならないのは仕方の無いことです。興信所なら浮気調査をする場合、用途に適するサイズのカメラも用意し覚られないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。もともと混同されがちな興信所業者と便利屋ですが、歴然とした法律上の違いがありますから、ご注意ください。
様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、興信所の業務を取り扱う会社の場合は、興信所業法に定められている通り公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、興信所業開始の認可を受ける必要があります。認可官庁によってしっかり管理され、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが興信所業です。フィクションの世界ならともかく、現実の興信所の手法として、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。
ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう追跡しながら、リサーチ人の求める証拠を見つける調査です。

調査していることがバレることはほとんどありませんが、尾行する人間は相手の行動を冷静に予測しておく必要があります。
予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。

興信所が浮気調査を行う時でも失敗したりするようです。
興信所が浮気調査の専門家だとしても、予期せぬトラブルに見舞われることが全くないとは言えません。
調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、興信所の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

もしくは、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠入手が困難です。

興信所業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、調査相手の居住地に近い業者に限定すれば興信所の数も絞れます。土地勘がある調査員がいるほうが調査を進めやすく、報告書の内容がより克明になります。それにリサーチする内容や諸条件によって専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で問い合わせてみるのをおすすめします。
興信所に不倫調査等を頼む際は、標準的な料金について知っていないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。

おおむね1時間1万円からと想定していると良いでしょう。
たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、リサーチ者の費用負担は増加するため、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り